愛犬のトレーニングで失敗しないためのいろいろな適切なドッグトレーニングの方法と、それらをしっかりと学べるおすすめの資格・講座についてわかりやすく解説していきます。

ドッグトレーニング資格サイトイメージ
MENU

散歩と犬の運動の重要性

散歩と犬の運動の重要性

犬と散歩は切っても切れない関係にあると感じる人は大勢います。

犬が運動したいと自分で言うことはありませんが、人間が飼育し命を預かっている以上、最適な方法で運動やその他のアクティビティーを与えてやる必要があると言えるでしょう。

犬にとって散歩や運動はどれほど重要なのでしょうか?

散歩は訓練されてこそ

犬には運動が必要、特に大型犬には一日に複数回散歩に連れていってあげる必要があるというのが一般的な意見ですが、実際のところ、近所をゆっくり歩きまわるような散歩が犬にとって絶対に必要という訳ではありません

もっとプロ意識を持って愛犬を飼うのであれば、しつけの一環として行うよく訓練された散歩の場合、それは犬にとって必要です。しかしほとんどの場合、ただ目的もなく歩き、犬にリードされながら行う散歩になっていないでしょうか?

それは主従関係を混乱させ、本来の運動神経も発揮できない活動に過ぎません。

目標をもって散歩や運動を

そうは言っても、犬が適度な運動をすることは確実にストレス発散になります。人間でもひきこもっていると精神的に良くないのと同じように、外で新鮮な空気に触れて新しいものを見、臭いをかぎ体験することは有益です。

そこに、飼い主の命令に従って行う、規律のある散歩であれば、犬にとっては最高の時間になるでしょう。散歩の重要性に関する意見は様々ですが、基本的には、体は使う方が機能を維持できます。

可能であれば、ボールを取ってくることや指、示に従って動けるように訓練することに時間を費やし、あるいは人や車が動く環境でそばについて、しっかり言うことを聞けるように訓練し、それが散歩に生きてくるようなものを目指してください。

そうでなければ、単に見境なくマーキングしてリーダーシップを混同するだけの時間になってしまいます。

完璧でなくても、散歩はストレス解消になる

運動には犬のストレスを発散させる目的があり、散歩には新しいものに慣れて社会性を身に付け刺激を楽しむ目的があります。犬はきちんとしつけられていれば、だらだらと行う散歩や規律のない運動は必要ないという意見は多いですが、一般的なレベルでそこまでしつけられる飼い主はほとんどいないはずです。

そもそも、飼ってはいるものの上手に訓練する術が分からなかったり、結局それだけの時間が取れないなどの事情があったりすることは容易に想像できます。完璧に飼うことも不可能ですので、やはり散歩や適度な運動をさせる方が現実的でしょう。

まとめ

現実的に考えると、犬は散歩や運動が好きだと言えます。家で閉じ込めておくよりは、出来るだけ訓練し、散歩に連れ出して気分転換させてあげましょう。


  • TOP