愛犬のトレーニングで失敗しないためのいろいろな適切なドッグトレーニングの方法と、それらをしっかりと学べるおすすめの資格・講座についてわかりやすく解説していきます。

ドッグトレーニング資格サイトイメージ
MENU

資格の受験日程の目安

資格の受験日程の目安

ドッグトレーナーの資格を取得する場合、どの資格が最適でしょうか?

国家資格がない分、民間資格の重要性が非常に高い分野の一つがドッグトレーナーです。

ドッグトレーナーの資格試験や受験に関して、何から手を付ければいいでしょうか?

オンライン資格試験が便利

例えば、日本生活環境支援協会(JLESA)が提供する「ドッグトレーニングアドバイザー」や日本インストラクター協会(JIA)が主催する「犬のしつけインストラクター」であれば、インターネット上で受験申込や在宅試験を受けることが出来るうえ、資格の内容も非常に本格的です。

受験料は10,000円(税込み)で、受験資格は特にありません。70パーセント以上の評価で合格となり、後日合格通知が送られてきます。

試験会場まで行かなければならない試験の場合、日付や交通手段も限られてくる分ハードルが上がりますが、オンライン受験の場合は5日間の間に解答用紙への記入を終わらせ、それを郵送すれば受験は完了です。

内容は十分?

これらのオンラインで取得できる資格の場合、合格に至る学習をすることで、何が身に付くのでしょうか?

まず、家庭での犬のしつけに関して、基本的な知識とトレーニング方法を知っていることを証明できます。犬のしつけには多数の要素が関係しており、実際のジェスチャーや手順を知っている必要があります。犬がしつけを受け入れない原因の調べ方や、犬の行動理論についても学んでいることが問われ、実践的で人に教えられる内容です。

問題行動の修正の仕方は非常に役立つものでしょう。赤ちゃんから犬を飼う人も少なくないとはいえ、大抵は大きくなった愛犬をもう一度訓練し直す方法や、問題行動をやめさせる方法を知りたい飼い主さんは非常に大勢いらっしゃいます

犬を飼うことは完全に普及しているものの、ドッグトレーナーという考え方が長らくなかった日本においては、再教育が出来るサービスやトレーナーの重要性が大きくなっています

人に教える方法を学ぶ

ドッグトレーナーの資格では、飼い主さんにどのように実践させるかという内容も含まれています。自分がするより人に教える方が難易度は高いものです。そういった面での知識や方法も問われ、資格取得に至るならどのようにトレーニングを進めていくかを学習していることが証明されます。

まとめ

ドッグトレーナーの資格試験は幾つかあり、主催する団体によって変わってきます。日程や時間帯の融通性が利くことを考えると、インターネットでの受験が出来るこれらの資格がおすすめです。


  • TOP