愛犬のトレーニングで失敗しないためのいろいろな適切なドッグトレーニングの方法と、それらをしっかりと学べるおすすめの資格・講座についてわかりやすく解説していきます。

ドッグトレーニング資格サイトイメージ
MENU

犬の嫌いなにおいとは?

犬の嫌いなにおいとは?

犬は大きい立派な瞳を持っていますが、目から入る情報よりも、匂いからわかる情報に頼って生活しています。

実に2億個の嗅細胞を備えるといわれる犬は、より敏感に臭いを感じ取っています。

そんな犬の嫌う臭いは何でしょうか?

たばこは健康被害も大きい

基本的に、人間でも嫌いな臭いは犬も嫌いです。タバコはその代表格です。人間がタバコの副流煙を吸うと不快になったり健康を害するのと同じように、犬もタバコの臭いを嫌います。人間よりも遥かに優れている嗅覚を持つ犬は、やはり遥かに強い不快であるようです。

たばこの煙が犬の鼻腔や嗅覚を刺激し、アレルギー性の鼻炎や炎症を抱えてしまうワンちゃんもいます。そうなると医療費やかかり世話も増えることになります。

たばこが苦手な人は、刺激が強すぎて思わず身をそらしてしまうほどの臭いですから、犬がそのタバコの臭いを嗅ぐことは、どれほど刺激が強いか想像できるのではないでしょうか。加えて、たばこの臭いは人よりも犬の方がダメージが大きく、発がん率も非常に高くなります

酢や柑橘類

犬は酢の臭いも嫌います。酢も刺激が強く、人間でもむせてしまうほどの強い香りを持っていますので、犬が直接臭いを嗅ぐのは非常に危険です。料理に使えば酢は美味しい調味料に過ぎませんが、とりわけ直接鼻に臭いが入ってしまうとダメージを受ける危険性があります。

あまり知られていませんが、柑橘系の果物の臭いも犬には不快なものです。みかんやレモンなどの柑橘系ですが、果実の皮にはオイルが含まれており、柑橘精油と呼ばれるそれらが犬の鼻を強く刺激します

みかんやレモンの皮の汁が目に入ると痛くなるのはこれが原因です。それと同じことが遥かに敏感な犬の嗅覚で起こり、私たち人間にとって爽やかな臭いでも、犬には痛みを生じさせる苦手な臭いです。

化粧品や香水にも注意

そして化粧品や香水の臭いも犬は嫌がります。これに関しては、健康を害するという程のものは確認されていませんが、それよりも未知の臭いとして警戒してしまうようです。

香水などはまさに人工的に作られた、自然界に無い香りですから、それを初めて嗅いだ時に思わず警戒し、極端な場合には噛みついてしまうケースもあります。そしてもちろん強い香水は、人間でも気分が悪くなってしまう人もいるほどなので、犬は近づくことすら拒否します。

まとめ

他にも犬が嫌う臭いはあります。何もかも犬の嫌いな臭いを避けるのは現実的に不可能ですが、香水や料理の際は犬の体調やアレルギーに配慮すべきでしょう。


  • TOP