愛犬のトレーニングで失敗しないためのいろいろな適切なドッグトレーニングの方法と、それらをしっかりと学べるおすすめの資格・講座についてわかりやすく解説していきます。

ドッグトレーニング資格サイトイメージ
MENU

資格講座の受講期間について

資格講座の受講期間について

ドッグトレーナーの資格は、増加する犬のしつけの業界において、非常に役立つ資格です。

国家資格がない分、資格や証明となるタイトルが必要で、民間資格の重要性が高まっています

取得には通信講座で学習するのが効率的ですが、講座を受講する場合、どれ程の期間が必要になるのでしょうか?

おすすめの講座の受講期間は?

当サイトでおすすめしているのは、諒アーキテクトラーニングの「ドッグトレーニングアドバイザーW資格取得講座」や、SARAスクールジャパンの「ドッグトレーニング資格取得講座」です。これらの講座の場合、カリキュラムが最短で2ヶ月で取得できるように組まれています。

どちらも、取得を目指すのは日本生活環境支援協会(JLESA)の「ドッグトレーニングアドバイザー」と、日本インストラクター協会(JIA)の「犬のしつけインストラクター」の2資格です。

この2つの資格の取得を効率的に目指す講座となっているため、とにかく資格が欲しいという方にも向いています。

時間の有効活用が出来る!

そこまでハイペースで学習する自信が無い方もいらっしゃるかもしれませんが、1日30分からの学習にも対応しています。資格の勉強であるため、1週間に1~2回という訳にはいかないはずですが、1日30分程度なら、ほとんどの方は無理なく続けられるでしょう。

これらの通信講座なら、郵送による専門の講師との質疑応答が可能です。一から学習を始める方にとって、恐らく何度読んでも分からない部分も出てくるかもしれません。

そのような場合でも、自分が疑問に思ったことを自分の言葉で質問し、専門の講師から回答を得られるため、安心して学習を進められるでしょう。

資格試験免除のメリット

ネット上の評価を見ると、そこまでゆっくりカリキュラムを進めていても四か月以上費やすことは少ないようです。これが専門学校の場合、一度に費やす時間も修了に至るまでの期間も長くなります。

それだけの時間を取れれば良いかもしれませんが、通信講座であれば時間に関する制約がなくなります。自分の好きな時間帯に、一日の中でとりあえず30分を確保できれば学習を進められます。

加えて、この2社の講座は講座修了と同時に資格試験の免除となるコースもあり、卒業課題の提出と同時に自動的に資格を取得可能となっています。資格を発行している団体が認定する講座となっているため、取得に関しては明らかに利点があります。

まとめ

2ヶ月ほどあるいは1日に30分ほど時間を確保できるようであれば、ドッグトレーナーの資格の取得を十分に目指せるでしょう。ぜひ公式サイトをチェックし、講座の内容を調べてみましょう。

ドッグトレーニングアドバイザーW資格取得講座


  • TOP