愛犬のトレーニングで失敗しないためのいろいろな適切なドッグトレーニングの方法と、それらをしっかりと学べるおすすめの資格・講座についてわかりやすく解説していきます。

ドッグトレーニング資格サイトイメージ
MENU

信頼関係を築くための方法

信頼関係を築くための方法

犬には当然人間との違いがたくさんありますが、不思議なことに、人を信頼し身をゆだねることができる動物です。

犬と信頼関係を築くことができれば、愛犬との生活は非常に楽しいものとなります。

犬の信頼を勝ち得るためには、どのようにしたら良いのでしょうか?

犬と人間の信頼関係の違い

犬の信頼を勝ち得るためには、まず犬は人間の感覚で物事を考えていないということを、飼い主がしっかりと認識する必要があります。よく知られていることですが、犬にとっては一にも二にも主従関係が大切です。

リーダーと自分という関係があって初めて落ち着く生き物であるということです。近年はペットの立場が向上し、人間と同じように扱う家庭が非常に多くなりました。

動物・家畜が大切に扱われるべきなのは言うまでもありませんが、それは「人間の子どもや友達のように扱うことが動物にとっても幸せ」ということと同義ではありません。犬の精神構造や習性が主従関係を必要とする以上、私たち犬を飼う側としてもそれを認めてやらなければなりません。

リーダーになる

犬は常にリーダーになるか、自分よりも力があって信頼できるリーダーを必要としています。しつけや訓練ができていない犬の飼い主さんは、ほぼ全員がこの主従関係を築くことができていません

リーダーでもない人間から命令を受けても、犬には従う理由はまったくありません。そのうえ主従関係以外からのそうした命令が続けば、犬からすると混乱と不安の日々が続くことになります。

犬との信頼関係を築くには優しく撫でることやえさを与えること、散歩に連れていくことなどが謳われていますが、今飼っている愛犬の習性や性格を理解することなく、そうした一般論を当てはめても上手くはいかないでしょう。

犬と信頼関係を築くには、とにかく主従関係をはっきりさせることが重要です。

優しさあっての信頼関係

しかしこれは、体罰や力による拘束をもって叩き込むという意味ではありません

今でも世界のどこかではそのような方法で犬を扱っているところもあるはずですが、犬を手なずけるのに、文字通り腕力に訴える必要はなく、むしろ必要としている世話をすることと、イニシアチブを取って毅然と物事を管理することが主従関係につながります。

動物病院の先生は、初見でも犬を手なずけることができます。基本は優しく扱いますが言いなりにはならない、そのようなリードによって、犬は「この人は信頼できるし世話してくれるが、言うことを聞かないと物事がうまくいかない」と思うようになるでしょう。

まとめ

犬の信頼を得るのは時間のかかる作業です。焦らずに愛犬の様子を観察しながら続けていきましょう。


  • TOP