愛犬のトレーニングで失敗しないためのいろいろな適切なドッグトレーニングの方法と、それらをしっかりと学べるおすすめの資格・講座についてわかりやすく解説していきます。

ドッグトレーニング資格サイトイメージ
MENU

犬のトレーニング方法とケア方法

犬のトレーニング方法とケア方法

よくしつけられた犬は誰の目にもすぐに分かります。

それと同時に、飼い主が相当の努力をして犬をトレーニングしてきた、ということを想像させるのではないでしょうか。

そんなワンちゃんも、厳しいトレーニングばかりではなく、飼い主さんの愛情を豊かに受けることによって、実にすくすくと育ちます

トレーニングの目的

犬のトレーニングは、よそ様に迷惑をかけないため、家を汚さないため、などの理由もありますが、何より愛犬の命を守ることができる最高の安全装備となるものです。「おいで」の一言でちゃんとワンちゃんが飼い主のところに戻ってくるようであれば、衝突事故や道路で車に引かれることを避けられるでしょう。

リードが外れたり家の門が開いていたりと、事故の原因となることは日常に溢れているからです。興味深い話ですが、東日本大震災でも、多くのペットが犠牲になったり家を失ったりしました。

救助の際は家畜や愛玩動物も例外なく救助するよう努力されましたが、トレーニングができており、言うことを聞く犬ほど助けるのが容易であり、飼い主と会えなくても里親がより早く見つかったというエピソードがあります。

犬自身のストレスも減るため、しっかりとトレーニングを施すことが明らかに最善の事となります。

慣れさせることはトレーニングの第一歩

そんな犬のトレーニングには、慣らすということを取り入れてください。犬は非常に知性が高く、特に人間との相性がずば抜けて良い動物です。小さいころから周囲の音や景色、家族以外の人や飼い犬に慣らしていきましょう。

見たことのない景色や人、嗅いだことのないにおいに初めて触れるときは、犬は非常に警戒していしまいがちです。それがいざという時のパニックや命令を聞けない状態につながりますので、出来るだけ色々なものに慣れさせることはトレーニングにおいて非常に重要な事です。

安心させることで信頼関係を築く

ワンちゃんのケアはどうすればいいでしょうか?

犬を安心させ、くつろがせるのが良いケアとも言えます。そうした安心できる環境にいるワンちゃんは、ストレスに強くなったりエネルギーを回復しやすいようです。

とにかく関心を示して、是認を感じさせてやることや、体を拘束するようなハグや体罰は絶対にせず、信頼関係に基づいた主従関係を築くよう努力してください。

犬は主従関係を必要としていますが、その基になるのはリーダーが信頼できるからという理由であるべきです。それによって、ワンちゃんの性格もおのずと穏やかなものになるでしょう。

まとめ

ワンちゃんのトレーニングとケアについては非常に奥深く、愛犬が生きている限りずっと続くものです。目標を持ちつつも粘り強く取り組んでください。


  • TOP